医療法人寶樹会 仙塩利府病院

電話番号:022-355-4111

寶樹会トップへ戻る

clear

診療科のご案内

休診のお知らせ(PDF)

地域連携室のご案内

院内保育所のご案内

広報紙「せんえんだより」

採用情報

採用情報

医療法人寶樹会 仙塩総合病院

伝音難聴とは

CT検査音は外耳道を通り、鼓膜を振動させます。この振動は3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)から内耳へと伝えられていきます。この3つの耳小骨と鼓膜を含む「中耳」に何らかの疾患が起こり、耳の聞こえが悪くなっている状態を「伝音難聴」といいます。
近年は多くの場合、手術で改善できるようになっています。

 特徴的な伝音難聴

耳硬化症と中耳奇形

どちらも耳小骨の異常により難聴となる疾患です。
耳硬化症は中年層に多く見られる疾患で、アブミ骨周辺にできた病巣が硬化し伝音難聴(音が伝わらないための難聴)や耳鳴を発症します。手術を行うことで劇的改善が見込める疾患です。

中耳奇形は生まれつきの異常であり、耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が固まって動きにくい状態や離断した状態になり、伝音難聴が起こります。こちらも手術により劇的に回復する疾患です。

耳硬化症と中耳奇形

どちらも耳小骨の異常により難聴となる疾患です。
耳硬化症は中年層に多く見られる疾患で、アブミ骨周辺にできた病巣が硬化し伝音難聴(音が伝わらないための難聴)や耳鳴を発症します。手術を行うことで劇的改善が見込める疾患です。

中耳奇形は生まれつきの異常であり、耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が固まって動きにくい状態や離断した状態になり、伝音難聴が起こります。こちらも手術により劇的に回復する疾患です。

真珠腫(真珠腫性中耳炎)

真珠腫による耳小骨破壊により難聴となります。

慢性中耳炎

鼓膜に穿孔があります。鼓膜を作ることで難聴がよくなります。

昔に耳の手術を受けた方における難聴

新しい手術方法により耳漏を止め、聴力もよくできることがあります。

耳鼻咽喉科へ戻る

clear